haruの通販なら公式サイトがお得!黒髪スカルプ・プロ

秋は最も抜け毛が増える時期

抜け毛の量が4〜5月の約3倍になる10〜11月は1年でもっとも抜け毛がたくさんある時期だと言われています。

 

一日につき100本くらいの髪が抜ける量は平均的と考えられていますが、生活習慣の中で「あなた自身の髪がどのくらい抜けたか」を把握するのは無理です。

 

排水口や枕元の抜け毛の本数の変化で「抜けている髪の量が多くなっている!」と気づく人も多いですが、けっこうな抜けた髪の毛を見つけ出せば「どんどん髪がなくなってしまうのかも……」と不安になりますよね。

 

歳を取るたびに髪の毛の量が減ることは知られていますが、1日に抜ける髪の毛の量は季節によって変わることは思ったほど知られていません。

 

季節の中でもっとも抜け毛がそれほど多くないのが4〜6月です。

 

しかし、抜け毛がもっとも増えるのは10〜11月で、この違いに驚くと思うのですが3倍になります。

 

そのためか10〜11月は育毛剤が圧倒的に売れる時期だという側面も持っています。

 

ヘアサイクルは大事です

髪の毛は2年から6年で入れ替わりヘアサイクルを繰り返します。

 

まず髪はなんで抜け落ちるのかを考えると実際のところ髪の毛には寿命があって、一定の期間を通り過ぎると無条件に抜け落ちてまた新しい髪が成長してきます。

 

これを発毛周期と言います。

 

髪の毛を長くしようと考えても腰ほどまでしか髪が生えないのはこういう発毛サイクルが働いているからです。

 

テレビ番組などで髪が地面に着くまである人を見ることもあるかもしれませんが、そこまで髪が伸ばせる人は稀なケースです。

 

それから1本の髪が抜け落ちるまでの時間は女性の方と男性の方では違い、男の人は2年から5年で女の人は2年から6年だそうです。

 

2年から5年や2年から6年と期間が異なるのは年齢や頭皮の様子に応じてまったく違うからです。

 

普通に考えれば年により発毛サイクルは短縮すると言われるから「抜け毛が増えると歳を取った」と考えらてれます。

 

必然的に、発毛サイクルが短くなったら髪は薄くなってしまうため、長く綺麗な髪にキープしておくのは発毛サイクルをできる範囲で長い期間守るためのメンテナンスが欠かせません。

夏の頭皮疲れは残さない

10〜11月に抜ける毛が増すのは暑い時期の疲れが一因であると言われています。

 

どうして10月から11月になると抜ける毛が多くなると考えますか?

 

暑い夏場に浴びせられてしまった強い紫外線や多数の汗や皮脂、エアコンの乾燥など、夏の間に頭皮や髪に与えてしまったストレスが10〜11月に皮膚の疲労感といった形で表面化するように、頭皮にだって同じくらい負荷が強いられ髪が抜けるという事態が髪にもたらされているというわけです。

 

いずれにせよ老化や時期が原因のトラブルを回避することは出来ないかもしれませんが、毎日のケアで、抜け毛を防ぐことはできると考えられています。歳をとってもきれいな髪でいるためには、抜け毛が多くなる前の7月から8月のシーズンからきちんとケアすることが大事です。さらには白髪は髪の生え変わりの時期に出てきやすいと考えられているので夏の間にちゃんと対処することで白髪対策にもなります。

ノンシリコンシャンプーがオススメ

頭皮だとしてもお肌と同じで、うるおいと栄養補給が必要です。

 

10〜11月の抜け毛を減らすことを気にかけて7〜8月の真夏の時期に行ったほうが良い対策法は、頭皮のケアが大切だと言われています。

 

いまではスカルプブームだというところもありシャンプーやトリートメントにこだわっている方も少なくないと思いますがそのくらいじゃ手入れでは不十分です。

 

通常のシャンプーやトリートメントも重要になりますが、頭皮も顔も「ひとつながりの同じ皮膚」ということを意識すれば、洗顔だけではみずみずしい肌を保てないみたいに頭皮にもうるおいや栄養補給は外せません。

 

お肌に化粧水や美容液を使うように頭皮にも潤いや栄養補給をしてくれるグッズのプラスαをするか、シャンプーをノンシリコンに変えてみるなどのケアをオススメいたします。